一宮市 とむ歯科クリニック インプラント・矯正歯科医院ホワイトニング

とむ歯科クリニックのむし歯治療

3つのお約束をしています

私たちのむし歯治療はちょっと違います。お口を診査して「はい、C2ですから削って詰めますね~」ではありません。なぜ虫歯になったのだろうか?どんな虫歯治療が患者さまの症状にとってベストだろうか?どのような選択を患者さまに説明しようか?そんなことを常に考えて治療をしております。
“なるべく削らない””削るならやりなおしができるだけ少ない治療を行う””常に神経を大切に守る治療を心がける”をコンセプトに、とむ歯科クリニックでは、患者さまの歯を大切に考えております。

信頼関係 MI治療 痛みの軽減

患者さまとの信頼関係

患者さまとの信頼関係を大切にします。

患者さまとの信頼関係を大切にします。

緊急性を要する治療の場合を除き、とむ歯科クリニックの治療は、カウンセリングを重視しライフステージに応じた最適なプランをご提示しております。1度削ってしまった天然歯は、2度と元に戻すことはできません。
また、むし歯の治療方法にも、いくつかのアプローチ方法があります。私たちは、患者さまのご要望をしっかりとお聞きし、医学的観点と照らし合わせながら最善の治療を行える体制を整えております。

例えば…
治療を行う上で、このつの内どれを重視しますか?

見た目

健康面

長持ち

治療費

特に、前歯や下の歯であれば出来るだけ自然な見た目を希望される方は多くいらっしゃいます。そうなると、現在の日本の保険内治療だけでは、対応しきれない場合が多数出てきます。また、歯科医師として見た目だけではなく、金属アレルギーや噛み合わせなどの健康面や、治療で使う素材(被せ物や詰め物)が長持ちするかどうかなどの判断もしなければいけません。
患者さまが、「この歯医者さんに任せていれば大丈夫」と思っていただけるよう、私たちは患者さまの要望をしっかりお聞きすることをお約束します。

MI治療の取り組み

天然の歯を残すことに重視した治療を行います。

「MI」とは「ミニマルインターベンション(Minimal Intervention)」の略で、歯科治療の現場において、歯質や歯髄への犠牲を最小限に抑え、本当に悪くなった箇所のみを削除して修復する治療法です。
出来るだけ歯を削らず、出来るだけ神経を取らず、生まれもった歯を出来るだけ残し、歯の寿命を長くすることをコンセプトとした治療方法です。

MI治療その1

ダイアグノデントでむし歯の進行度合いをチェック
ダイアグノデントでむし歯の進行度合いをチェック

とむ歯科クリニックでは、むし歯菌の進行を測定するダイアグノデントという機器を用いてむし歯菌の進行度合いを数値化しています。
進行度合いを数値化することで、削る必要のないむし歯は、歯を削らずに歯を再石灰化させることで進行を食い止める治療も行っております。

MI治療その2

発熱量の少ない5倍速コントラアングルを使用
発熱量の少ない5倍速コントラアングルを使用

削る必要があるむし歯の治療には、5倍速コントラアングルを使用しています。この5倍速コントラアングルは一般のコントラアングルよりも5倍の速度でむし歯を削ることができるので、歯を削る際の「ブレ」を最小限に抑えることができ、歯を削る量を最小限に抑えることができます。

MI治療その3

カリエスチェッカーでむし歯のリスクを検査
カリエスチェッカーでむし歯のリスクを検査

むし歯のリスク検査として、唾液検査を行っています。
ご自身の口腔内にむし歯菌がどの位いるのか、再石灰化が出来るかどうかなどの、お口の中の状態をチェックする事によって、その検査結果を治療に役立てています。
患者さまご自身が、むし歯のリスクを正しく認識することも大切と考え、むし歯になるリスクが少ない口腔環境のサポートをしています。

MI治療その4

鋭利なスプーンエキスカベーターを使用
鋭利なスプーンエキスカベーターを使用

むし歯を削る処置のなかでも神経に近い個所を削る場合は、より精密な処置をおこなうために鋭利なスプーンエキスカベーターを使用しています。ドリルだけでは歯を余分に削りすぎたり、むし歯の奥にある神経を痛める可能性があるため最後はスプーンエキスカベーターで、むし歯部分の除去をおこなっています。

MI治療その5

歯科用ルーペ、マイクロスコープを使用
歯科用ルーペ、マイクロスコープを使用

ケースに応じて、歯科用のルーペやマイクロスコープを使用した治療を行っております。
肉眼では通常確認できない部分まで、しっかりと確認しながら処置を行うことができるので、より精密な治療が可能になります。

痛みの少ない治療

可能な限り「痛みの少ない」治療を心がけます。

とむ歯科クリニックでは、痛みのない治療にはこだわっております。ただでさえ、多くの方が歯科をなかなか通院するのをためらいます。
当院では充分なコミュニケーションをとり、心の不安をできるだけなくしてから保険診療でも保険外診療でも、できる限り痛みのない治療を選択して行っております。
特に麻酔は多くの方が嫌がるものですが、多くのメーカーの針を取り寄せた上で歯科医師自身が実際にテストして痛みが最も少ないメーカーの極細の針をを使用しております。

表面麻酔
表面麻酔

麻酔の注射をする前に、表面麻酔液を塗ります。これにより注射時の痛みを無くします。

電動麻酔
電動麻酔

電動麻酔を使用することで、麻酔針を刺入するときの圧力や速度を一定にし痛みの少ない麻酔が可能です。

麻酔の注射針
麻酔の注射針

歯科医院で使用されている注射針で最も細い33G針を用いて麻酔注射をすることで痛みを抑えます。

Go Top