こんにちは!

歯科衛生士の久保田です。

 

新型コロナウイルス感染症は日々急激な勢いで拡大してきていますね。学校やレジャー施設が休みになったり、卒業式やイベント等も続々と中止が発表され、これからも私たちの生活は大きく変わっていきそうです。

 

とむ歯科にご来院くださる方も、日々不安な気持ちは大きくなってきていることと思いますが、お口の中の菌を減らすことでウイルスによる感染症の重篤化を防ぐことができます。私たちは、歯科の分野から、新型コロナウイルスに対しても皆さんの予防の手助けができればと考えております。

 

医療機関として、常に感染予防等には力を入れて取り組んでおりますが、今回の感染症に対して新たに行った取り組みについて紹介します。

 

❶マスク、ゴーグルの「常時」着用

受付スタッフを含め、とむ歯科のスタッフは全員「常時マスクとゴーグルの着用」をして業務に取り組んでいます。

また手洗いや、不潔面に触れないよう細心の注意を払って業務に取り組んでいます。

 

❷サーキュレーターの設置、換気、空間除菌

医院内では空気清浄機を常時稼働させていますが、個室には換気扇だけではなく新たにサーキュレーターを設置、換気に対しても

配慮をさせていただいております。(とむ歯科ではこのようなリスク管理に対応する為に

天井の高いパーティションだけの診療室から個室まで様々なタイプの診療室を用意しております)

首からぶら下げるタイプの空間除菌もスタッフが着用して、対面する患者様にも効果が得られるような取り組みも進めていきます。

 

❸手指消毒液の設置場所を増やしました、受付時にアルコール消毒の声掛けとマスク着用のご協力ををさせてもらっております

受付前と、託児ルーム入口にも設置しています。

日本環境感染学会からも擦込式アルコール手指消毒薬は、新型コロナウイルスの消毒にも有効と発信しています。

ご来院される患者様は、感染予防にお役立てください。

 

 

 

新型コロナウイルスに関して、これからも適切な情報を得て、患者様の安心、安全を提供できるよう、院内環境を整え、予防に取り組んでいきたいと思います。